アカウント情報カートを見るレジに進む

駕洛三王事蹟考

冊数:3冊
刊行年:1851年頃
朝鮮木活字本 上之元年庚戌(哲宗1, 1850年)冬/序 重刊 8巻+附録を合本、3冊揃い 線装本(綴じ穴5ヶ所)/30.8x19.7cm/第一冊(序2丁、巻1・17丁、巻2・24丁、巻3・20丁、巻4・5丁)第二冊(巻5・14丁、巻6・10丁、巻7・20丁、巻8・4丁)第三冊(序1丁、図1丁、附録19丁、顕祖録4丁、跋1丁) 匡廓の大きさ22.5x16.5cm、本文各10行20字の刷り 初巻の「始祖駕洛國王陵圖」「興武王陵圖」及び第三冊・重刊序の「山清王山陵所圖形」の3図入り 3世紀に始まった朝鮮王朝・駕洛(金官)国の三王、始祖である首露王、末王の仇衡王、仇衡王の孫子の興武王金庾信の事績を伝える書 初版本(1850年刊)を増補した1851年頃に刊行された朝鮮・木活字本
No. 11369
価格:605,000円
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
書籍商 東京都公安委員会
許可 第307770306759号
BOOKTOWNじんぼう
アンダーグラウンド・ブックカフェ〜地下室の古書展〜第7回
2020年12月 5日 土曜日 4276173 リクエスト (2005年11月22日 火曜日 より)